少年野球 - ツインズ峰相

BBS

ポータルニュース
2021年2月25日
vol.1657『ご連絡:ポップアスリート第15回大会につい・・・
詳しく見る

今日の試合

この投稿に返信する
投稿日時 2010年4月4日 01:30:55
がんばって応援しましょう。!!!!

返信一覧

ゲスト 投稿日時 2010年4月11日 06:44:43
昨日はお疲れ様でした。最後まで何が起こるか分からない。諦めてはいけない事を子供から教えてもらえました。また、子供たちも感じたと思う試合内容でした。移動は大変でしたが沢山の収穫を獲る事が出来た一日だったのではないでしょうか?卒団生の父兄の方、応援、グランド整備ありがとうございました。
ゲスト 投稿日時 2010年4月11日 05:30:35
私も、今回この試合を観戦(応援)して、久しぶりに試合途中で、心の奥底で、試合の勝ち負けをあきらめていました。昨年は、どんな大差がついていても、まだ勝てる、まだチャンスがあると試合途中でほとんど思ったことがありませんでした。なぜかというと、ベンチに帰ってきたときの、円陣を組んだ時の子供たちの目を見たら、必ず逆転してくれると信じることが出来たからです。しかし、昨日の試合(特に姫路別所BBC戦)は、ベンチに帰ってきたときの、円陣を組んだ時の子供たちの目が死んでいました。円陣を組んだ時、監督の指示に反発する態度、口答えや言い訳をする態度、内野の守備で全く声を出さないのか、聞こえないのか分からない態度を見たら、崩壊寸前の危機意識さえ、おきました。唯一救われたのは、ある子供の、全力で走り切る姿でした。その子は、ミスもしましたが、内野ライナーも、ゴロも、ベンチに下がる時も、守備に就くときも全力で走っていました。その姿が、唯一救われました。
ゲスト 投稿日時 2010年4月11日 04:14:40
昨日は、応援に行かれたご父兄の方々、大変お疲れさまでした。私も非常に面白い試合を見させて頂き、子供たちに感心させられることが多い一日でした。まず、豊富球場で行われた国際交流戦準々決勝:対飾磨野球クラブ戦!大差(9−0)で、コールド負けとなりましたが、得るもの、対策を練り直すべき点、軌道修正すべき点、そして反省すべき点、全てが露呈した一戦だったように思われます。ヒットらしいヒットをそんなに打たれていないのに、こてんぱんにやられたのは何故か、をもう一度チームの子供たち自身に思慮思考させるべき一戦だったように思われます。飾磨野球クラブにざるの目を掻い潜るどころか、ざるごと持っていかれるように、フリーパスのごとく盗塁されたこと、捕手のキャッチング、スローイング、送球がみなノーバウンドの死に球だったこと、なぜワンバウンドの送球を全くしなかったのか…、内野手で声が全く出ていないこと、外野から内野にすぐ返球しない、まともに返さない、中継がめちゃくちゃ、まだまだたくさんありすぎて書けないくらいですが、良い点も有りました。ともひろ君が、公式戦の緊張感のある独特の雰囲気の中、レギュラーチーム公式戦初先発出来たこと、特に姫路では、トップクラスの野球チームに3回までヒットらしいヒットを1〜2本しか打たれなかったこと、かなりの勉強と宿題を持って帰れたこと。そうた君も、レギュラーチーム公式戦に、はじめてマウンドに立てたこと、牽制の勉強をしなければならないこと、エースがけがや病気で出れなければ、第3の投手として期待されていることに気がついたこと等、また中播連盟夏季大会戦:対別所BBC戦においても、エラー、ワイルドピッチ、パスボール、サインミス等で試合途中、チームのモチベーション、チームの輪が、崩壊寸前だあったところを、相手チームのミス等もありましたが、しっかりと軌道修正し、6回にビッグイニングとし、大逆転したことは、大きかったと思います。
よっ!男前 投稿日時 2010年4月10日 23:10:22
本日は仕事がどうしても休めず、応援に行くことが出来ませんでした。 審判・配車と協力してくださった父母の皆様、いつもありがとうございます。また応援に来てくださった父母の皆様、ありがとうございました。 来週も試合がありますので、是非応援の程お願いします。
ゲスト 投稿日時 2010年4月10日 22:19:29
下のコメントは私です。携帯サイトでログインして投稿したのですが、なぜかゲストとして表示されています。
本日の試合、どんな試合内容だったのでしょうか?
ゲスト 投稿日時 2010年4月10日 06:11:21
今日の試合、応援に行くことが出来ません。(>_<)
僕の分まで皆さん応援お願いします!
ゲスト 投稿日時 2010年4月10日 03:58:19
ゲストさんの気持ちと意図を察しず、ただ反論に終始しまして、こちらこそ申し訳ありませんでした。いろいろなご意見が出るのも、みなツインズ峰相のことを思ってのことだと思います。今後ともツインズ峰相の活躍と発展を願って、父母会一丸となり頑張って参りましょう!ところで、本日は、国際交流戦準々決勝および中播連盟夏季大会のダブルヘッダーがありますね。頑張って下さい!私も応援に行きます。
ゲスト 投稿日時 2010年4月9日 21:35:53
私はツインズの子供も大人もみんな大好きで応援しています。ただ過熱しすぎたり過密化していないかと一計を案じただけでしたが言葉が足りないばかりに皆さんに不愉快な思いをさせてしまいました。申し訳ありませんでした。
ゲスト 投稿日時 2010年4月8日 22:52:13
私も下記ゲストさん(4月20日 13:26に投稿されているゲストさん)と同意見です。やはり子供を預けている以上、任せている以上、監督や指導者に任せるべきだと思います。チームの方針なんですから、それに対して父母がどうこう言うのはどうでしょうか!
また、ネットでの書き込みは顔が見えません。だからって何でもかんでも書き込むのはどうかと思います。
言う事があれば面と向かって、またはゲストで無く名前を書かれてはどうでしょう。
ゲスト 投稿日時 2010年4月8日 13:26:00
試合は、最高の練習の場です。練習で鍛練するのも、もちろん念入りな下準備をした後で、試合に臨むのも、もちろん大事です。でも、それだけに捕われるすぎれば、どの大会にも出場することが出来なくなります。試合を特別視しすぎるのでなく、最高の練習の場と考えれば、何の疑問も感じないと思います。体育会系の経験者なら、何の疑問も起きないと思うんですが、私の考えは、間違っているでしょうか?試合が多過ぎるのは、協会や連盟に加盟しているチームなら、当たり前の事。それでも納得出来なければ、協会や連盟に加盟していない同好会か、子供会で野球を習わせるしか方法はないと思うのですが?試合で掴とったものは、大きいです。確実に子供達の血となり肉となっています。勝ち負けに、こだわらないチームに実力はつきません。これから子供達は、もっと過酷な競争社会を生き抜かなければなりません。だから、子供達には、敢えて苦労して強くなって欲しいです。試合が多い、少ないは親が言うべき事でもなく、また権利もないと思います。大事な子供を、ツインズ峰相に、山田監督に預けたのですから、試合や練習に関しては、素人である我々親が口出しせず、監督に任せましょう。
ゲスト 投稿日時 2010年4月8日 11:27:32
しかし試合、試合また試合…負けても負けてもまた試合…負けの中から反省するべきところは反省をして対策を打って新たな気持ちで試合に臨む…それがなされないうちに試合の連続…下手な鉄砲も数打ちゃ当たるでいくつかの試合は勝ち進むことができるでしょうが本当にこれでいいのかなとも考えてしまいます。もちろん発表の場も必要ですが鍛錬と念入りな準備の期間も必要な気がします。結果ばかりに一喜一憂していては本当の実力はつきません。まして10日は大会のはしご…仕方がないのかもしれませんがね。どちらが子供たちの成長を願っているのでしょうか…
ゲスト 投稿日時 2010年4月5日 07:39:33
昨日の試合は子供達自身が相手チームを見て何かを感じ取ってくれていると思います。難しい年頃で叱れば反発します。叱ることも時として必要ですが、それ以上に良かった事は誉めてやり一緒に親も共感したいです。頑張って親が盛り上げて行きましょう。
ゲスト 投稿日時 2010年4月5日 04:53:36
 声が出ないのも、整理整頓が出来ないのも、何事にもまだまだ自信が持てないのかなって思います。じゃあどうすれば声が出るのか整理整頓が出来るのか?って考えたら、最後に行き着くのは、やはり子供と親の我慢比べかなって思います。声が出なかったら、声が出るまでやり直してさせたり、整理整頓が出来ない場合も、出来るようにもう一度何度も何度もやり直しさせるしか方法がないなって思います。大人だってに上司に叱られたり、急迫な場面に遭遇すれば、萎縮したり、声のトーンが下がったりすると思います。ましてや子供であればなおさらかも知れませんね!大人が子供をサポートする。それも急激にするのでなく毎日の積重ねで、練習の時だけでなく、それぞれのご家庭においても、焦らず気長に、徐々に徐々に大人と子供の二人三脚で、声が出るように、整理整頓が出来るようにしてやるのがベストかなって私はそう思います。偉そうなことばかり言ってすみません。これは私にとっても理想なので、辛抱して毎日子供と我慢比べで頑張って欲しいです。ツインズ峰相は、サイコーの野球チームです。子供の実力は、まだまだですが、それをサポートする指導者も、親たちも、家族の皆さんも、真剣に根気よく子供の将来の夢に手助けしているなって感じます。父兄や、指導者が一体になって同じ方向めざさねば、いくら子供たちに偉そうに言っても、見透かされます。今後父兄を含め、チーム一丸となってわが愛するツインズ峰相を、盛り立ててやって下さい!
ゲスト 投稿日時 2010年4月5日 00:25:04
おしい場面もありましたが残念な結果となってしまいましたね。声の大きさ、道具の扱い(整理整頓)からして負けてました。どうしたら声が出るようになるんですかね?
ゲスト 投稿日時 2010年4月4日 20:47:09
今日は負けてしまいましたね。
しかし、メンバー全員得る物があったと思います。
どこを直すべきかをみんなで考え、成長していって欲しいものです。
しかし、やはり声は出てませんねぇ〜????
バッターボックスに入る際にも挨拶もないし・・・・
ゲスト 投稿日時 2010年4月4日 06:36:57
見に行って応援することが、今回は出来ませんが、子供達には、思う存分思いっきり暴れて来いと、お父さん、お母さんが声をかけてやって下さい!ファイト一発!めざせ、優勝!!(^^)v(*^o^*)
ゲスト 投稿日時 2010年4月4日 05:39:19
ハイ(^o^)/みんなで勝利をつかみとりましょう!

この投稿に返信する

BBSホームへ